【BMW 1シリーズ】グレード別情報・値引き額・最安値はいくら?

更新日:

BMW 1シリーズ グレード別情報・値引き額・最安値

BMW 1シリーズ

新型 BMW 1シリーズ

待望のクリーンディーゼル追加に加え、ガソリンエンジンもすべて次世代に移行

3気筒から6気筒に至る新世代ユニットを使い分けるBMWのベーシック。

個性的なスタイリングに加え、プレミアムハッチとしては依然として一級品の実力も高く評価されているモデルだ。

運転が好きな人や手軽にBMWの良さを味わいたい人におすすめです。

基本情報

乗車定員 5名
ドア数 5ドア
使用燃費 ハイオク・軽油
ハンドル位置
燃費 22.2km/リットル
※JC08モード燃費の場合

主要諸元・サイズ

全長×全幅×全高 4340×1765×1440mm
ホイールベース 2690mm
車両重量 1480kg
最小回転半径 5.1m
エンジン種類 直列4気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量 1995cc
最高出力 110kW(150ps)/4000rpm
最大トルク 320N・m(32.6kg-m)/1500~3000rpm

新車価格表(グレード別)

グレード 価格(万円)
118i 310万円
118i スポーツ 357万円
118i Mスポーツ 377万円
118d スポーツ 378万円
118d Mスポーツ 398万円
120i スポーツ 418万円
120i スタイル 418万円
120i Mスポーツ 433万円
M140i 590万円

購入見積もり/維持費

項目 金額
車両本体価格 3,980,000円
自動車取得税 0円
自動車税(年額) 39,500円
自動車重量税 0円
自賠責保険料(37ヶ月) 40,040円
登録・諸費用 約70,000円
合計 約4,129,540円

値引き額・最安値の相場(新型/新車)

グレード 値引き額 最安値
118i 15万~30万円 310万円
118i スポーツ 17万~33万円 357万円
118i Mスポーツ 19万~36万円 377万円
118d スポーツ 18万~34万円 378万円
118d Mスポーツ 20万~37万円 398万円
120i スポーツ 16万~31万円 418万円
120i スタイル 16万~31万円 418万円
120i Mスポーツ 19万~36万円 433万円
M140i 21万~40万円 590万円

新車では値引き額のアップには限界があります。

車の買い替えであれば、車の下取りを複数社に依頼することで、買い取り価格を数十万円もアップすることができるため、トータルの値引き額を大きくすることができます。

また、近場で売ると決めている場合でも、愛車の買取価格の相場を知ることで、買い取り交渉を有利に進めることができます。

たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

 

評価/評判(BMW 1シリーズ)

新型 BMW 1シリーズ

特長

エクステリア:コンパクトだがBMW車とわかるデザイン

インテリア:ドライバーが操作しやすく、スイッチなどがキレイに配置されていて機能的

走行性能:エンジンが気持ち良い加速をしてくれる

BMW 1シリーズは、アップデートを重ねることで、プレミアムハッチとしての評価を高めている。

そして、その魅力はここに来て極まった感すらある。

そう思わせる要因のひとつには、エンジンメーカーとしても定評あるBMWの現在が網羅されている点が挙げられるだろう。

現行型が搭載するのは3気筒1.5リットルターボと4気筒2リットルターボ、それに2リットルクリーンディーゼルと番外編の3リットル6気筒ターボを加えた合計4車種。

いずれもB系と呼ばれる最新のモジュラーユニットで、当然絶対的な性能には排気量や形式相応の違いが見られるものの、それぞれが魅力的に仕上げられている。

特に印象的なのは、LCI(フェイスリフト)後に採用されている1.5リットル。

BMWでは2シリーズ・アクティブツアラーに搭載されたのが初出となるユニットだが、走らせた際の印象はほとんど別モノ。

必要にして十分な動力性能を確保しているのは当然として、プレミアムハッチに相応しい上品さを感じさせるフィールは3気筒であることをほとんど意識させない。

さすがにスポーティなBMW、という期待値に届くほどパワフルではないが、高効率な8速ATとの組み合わせで日常域では軽快な走りを披露してくれる。

一方、1シリーズに物理的速さを求めるなら、2リットル直4ターボのクリーンディーゼルが費用対効果の高いチョイスだ。

ベースが同じ3シリーズ用途比較すればスペックは大人しいが、それでも最大トルクは320Nm。

1.5トン弱のボディに不足等あるはずもなく、アクセルを踏み込めば掛け値なしの速さが手に入る。

もはや騒音や振動といった弱点もガソリン車に対して見劣りしない水準まで抑えられるだけに、持ち前の高燃費まで効力入れれば特に長距離を走る機会が多いユーザーが受ける恩恵は少なくないはずだ。

だが、実のところ1シリーズの魅力はエンジンだけにはとどまらない。

ロングノーズのスタイリッシュな佇まいから想像される以上に室内は広く、一見狭そうな後席も大人2人に十分と言える空間を確保。

荷室も特別広くはないが実用性は十分。

そして、駆動輪が後ろにある恩恵で再回転半径はグレードを問わず5.1mに抑えられる。

つまりコンパクトカーとしての作りにも隙がない。

エンジン

B38B15A

現行1シリーズのベーシックとなる118iが搭載するのは、3気筒の1.5リットル直噴ターボ。

8速ATとの組み合わせでBMWに相応しい質感と過不足ない動力性能を実現。

3気筒の振動もほとんど気にならない。

JC08モード燃費は、18.1km/リットル。

B48B20A

ここに来て120iはグレード名とエンジン排気量がリンク。

従来型は1.6リットルターボだったが、最新版は14psと20Nmが上乗せされた2リットルターボを搭載する。

排気量が大きくなったことで、JC08モード燃費は0.9km/リットルダウンの15.9km/リットル。

B58B30A

Mパフォーマンス・オートモビルズとなる番外編モデルが搭載するのは3リットルの直列6気筒ターボ。

最新版ではモジュラー機造のB系へとスイッチ。

パワーとトルクが増強される一方で燃費は約10%改善された。

JC08モード燃費は、13.4km/リットル。

B47D20A

3シリーズや2シリーズにも搭載され、いまやBMWの主力ユニットに成長している4気筒の2リットルディーゼルターボ。

1シリーズ用のスペックは大人しい部類だが、もちろん絶対的な動力性能は申し分ない。

JC08モード燃費は、22.2km/リットル。

デザイン

内外装をパッケージ化するデザインラインは、スポーツとスタイルを用意。

さらに各グレードには定番のMスポーツも設定されるが、118iでは装備を厳選したスタンダードも選べる。

タイヤサイズは205/55R16がベーシックで、最大は225/40R18と245/35R18の組み合わせ。

積載容量

荷室容量は、通常時が360リットルで、後席を完全にたたむと1200リットルまで拡大する。

欧州Cセグメントのハッチバックとしては特別広くはないが、かといって狭いわけでもない。

合理的なはずのFF車でこれを下回るモデルもザラにある。

M140i

M135iと名乗っていた従来モデルは、直6ターボの変更を機に車名がM140iに。

装備関連に変更はない。

標準のシート地はクロスとアルカンタラのコンビでレザーはオプション。

【BMWの購入資金を作る方法】

もしあなたが車を持っているなら、車の一括査定サービスがおすすめです。

○車の買取査定を複数社に依頼することで、高い値段で買い取ってくれる会社が見つかり、買取価格が何十万円もアップします!

○査定額を比較すれば相場価格がわかるため、ディーラーに売る時も(買い叩かれることなく)交渉を有利に進められます。

BMW購入のための資金、準備してみませんか?

たった1分!
愛車の下取り最高額を調べる(無料)

 

よくある質問

よくある質問

BMW 1シリーズ 価格

BMW 1シリーズ の価格です。(グレード別)

  • 118i=3,100,000円(税込み)
  • 118i スポーツ=3,570,000円(税込み)
  • 118i Mスポーツ=3,770,000円(税込み)
  • 118d スポーツ=3,780,000円(税込み)
  • 118d Mスポーツ=3,980,000円(税込み)
  • 120i スポーツ=4,180,000円(税込み)
  • 120i スタイル=4,180,000円(税込み)
  • 120i Mスポーツ=4,330,000円(税込み)
  • M140i=5,900,000円(税込み)

BMW 1シリーズ 中古 価格

年式や車の状態にもよりますが、元の価格を考えると、150万円台~となります。

また、クルマの買い替えであれば、今乗っている車の買い取り価格をアップさせることで、トータルコストを何十万円も下げることができます。

BMW 1シリーズ 燃費

BMW 1シリーズ グレード別の燃費です。(※JC08モード燃費)

  • M140i
    =13.4km/リットル
  • 120i Sport/120i Style/120i M Sport
    =15.9km/リットル
  • 118i/118i Sport/118i Style/118i Celebration Edition MyStyle/118i M Sport/118d Sport/118d Style/118d M Sport
    =18.1km/リットル

BMW 1シリーズ サイズ

  • 118i M Sport/118d M Sport/120i M Sport/M140i
    全長×全幅×全高=4340×1765×1430mm
  • 118i/118i Sport/118i Style/118i Celebration Edition MyStyle/118d Sport/118d Style/120i Sport/120i Style
    全長×全幅×全高=4340×1765×1440mm

BMW 1シリーズ 試乗

BMW 1シリーズを試乗しましたが、バランサーシャフトを備えた3気筒エンジンは、BMWの名に恥じないスムーズさを見せます。

アクセルペダルをベタ踏みしてみると、破綻なく上品に速度を上げていきます。

ちょっと重めの車重も、しっとりした乗り味に貢献していて、なるほど、プレミアムブランドの乗り味です。

後輪駆動モデルのFRであるため、「曲がる」を前輪に「加速する」を後輪に振り分けられるFRは、その分、タイヤに優しい走りをしています。

BMW 1シリーズ Mスポーツ

スポーツ走行するには、最適な安定感や走りの良さを追求したモデルです。

ムダな動きが少なくキビキビした走りで、カーブでの安定感も抜群です。

「Mスポーツ」というパッケージだけあって、スポーツ走行に振った仕様であるため、乗り心地は「硬くて乗り心地はイマイチ」と△の評価もあります。

走行性能か乗り心地か、どちらを重視するのか、ここは評価が分かれるポイントです。

BMW 1シリーズ クーペ

BMW 1シリーズ クーペは、1シリーズの頂点モデルとなるもので、ある意味BMWの走りをわかりやすく表現したモデルでもある。

コンパクトなFR(フロントエンジン・リア駆動)クーペのスタイルとして、BMWが名車2002の再来だと謳っているほどです。

インテリアはBMWらしくドライバーオリエンテッドで、シンプルと緊張感を持ったデザインとなっている。

さいごに、ちょっと得する情報

BMW

「資金作りのために、今乗っている車をできるだけ高く売りたい」
「BMWに買い換えたとき、今乗っている車の売却交渉を優位に進めるために、相場を知っておきたい」
という方のために、

かんたん車査定ガイド なら、たった1分で下取り価格の最高額と相場がわかります。(しかも無料!)

※無料査定だけでもOK。実際に売るか売らないかは自由です。

 

TOPに戻る ⇒ BMW値引きの極意

-BMW値引き

テキストのコピーはできません。

Copyright© 【BMW値引き王】100万円安くなる交渉術とは?|最安値で購入・値引き額の相場・新車価格 , 2018 AllRights Reserved.