【BMW M3/M4】グレード別諸元・値引き額・最安値はいくら?

更新日:

新型 BMW M3M4 グレード別情報・値引き額・最安値

BMW M3/M4

新型 BMW M3 M4 グレード別情報・値引き額・最安値

レーシングマシンのDNAを受け継ぐスーパースポーツ。

初代のM3はツーリングカーレースのホモロゲーション用に開発されたピュア・スポーツクーペ。

現行型よりセダンはM3、クーペはM4と異なるモデルとして展開された。

セダンのM3とクーペのM4、どちらも圧倒的な動力性能と高いシャシー性能が○です

基本情報・主要諸元・サイズ

グレード名 M3 セダン M4 クーペ



新車価格 1185万円 1208万円
発売日 2017年5月9日 2017年5月9日
型式 CBA-3C30 CBA-3C30
駆動方式 FR FR
トランス
ミッション
7DCT 7DCT
ハンドル
動力分類 エンジン エンジン
寸法
重量
定員
全長 4,685 mm 4,685 mm
全幅 1,875 mm 1,870 mm
全高 1,430 mm 1,385 mm
前輪サイズ 255/35R19 255/35R19
後輪サイズ 275/35R19 275/35R19
最小
回転半径
5.9 m 5.9 m
車両重量 1,640 kg 1,640 kg
定員 5 人 4 人



排気量 2,979 cc 2,979 cc
最高出力 317[431]/7300 317[431]/7300
最高トルク 550[56.1]/1850 550[56.1]/1850
過給機 ターボチャージャー ターボチャージャー
燃料 ハイオク ハイオク
燃料タンク 60 L 60 L

JC08モード 12.2 km/L 12.2 km/L

新車価格表(グレード別)

グレード 価格(万円)
M3 セダン 1185万円
M4 クーペ 1208万円

購入見積もり/維持費

項目 金額
車両本体価格 11,850,000円
自動車取得税 289,700円
自動車税(年額) 51,000円
自動車重量税 49,200円
自賠責保険料(37ヶ月) 40,040円
登録・諸費用 約70,000円
合計 約12,349,940円

値引き額・最安値の相場(新型/新車)

グレード 値引き額 最低額
M3 セダン 18~35万円 1150万円
M4 クーペ 20~40万円 1168万円

新車では値引き額のアップには限界があります。

車の買い替えであれば、車の下取りを複数社に依頼することで、買い取り価格を数十万円もアップすることができるため、トータルの値引き額を大きくすることができます。

また、近場で売ると決めている場合でも、愛車の買取価格の相場を知ることで、買い取り交渉を有利に進めることができます。

たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

評価/評判(BMW M3/M4)

新型 BMW M3 M4 グレード別情報・値引き額・最安値

特長

超高回転型エンジンを搭載することこそ、Mモデルの特徴だった。

従来型のM3が積む4リットルV型8気筒エンジンは、8000rpm以上まで一気に到達。

つまり、一般的な技術ではなし得ない回転域までエンジンを回すことで圧倒的なパワーを稼ぎ出していたのだ。

だが、Mモデルでも環境性能の改善という社会的な課題に取り組む必要があった。

そのため、現行型は排気量を3リットルにダウンサイジングするとともに直列6気筒として、出力補完の目的でツインターボを組み合わせた新開発のエンジンを搭載してきた。

こうした背景を踏まえると、M3とクーペのモデル名を独立させたM4がGTカーのようになったのではないかと心配されたそうだ。

だが、逆に現行型は従来型よりも刺激の度合いが大幅に強くなっている。

まるで、2世代前のE46型のイメージを取り戻したような、いい意味での粗削りな走りが楽しめる。

エンジンは、アクセルを踏み込むと鼓動が強まり爆発エネルギーの大きさを知らしめる。

そこからさらに、アクセルを踏み続けると鼓動の密度が増してくる。

エンジンが高回転域に達する過程を、そうした刺激によりドライバーに劇場的なまでに伝えてくれる。

なおかつ、高回転域までパワーがぎっしりと詰まっている。

その特長から”超”の一文字は削除されたが、レッドゾーンが始まる7600rpmまでは一気に吹け上がり、直噴ターボとしては高回転型であることは間違いない。

さらに、オプションで王位されるコンパティション・パッケージは最高出力が19ps上乗せされるだけに高回転域での加速の伸びが一段と鋭くなる点も見逃せない。

まさにMモデルとしてのメンツは保たれている。

なおかつ、従来型は高回転域を維持しないとエンジンの本領が引き出せなかった。

だが、現行型はターボにより低回転域から中回転域にかけてトルクの強烈な盛り上がり感が確かめられる。

それこそ信号待ちからのゼロ発進加速でもMモデルならではの実力の一端に接することができる。

シャシー性能にしても、やはり刺激の度合いが強い。

オプションのアダプティブMサスペンションは、ダンパーの減衰力が低めの領域で保たれるコンフォートでも乗り心地はかなり硬めになる。

タイヤが発するロードノイズも大きめなので、M3をファミリーカーとして使うことがあるなら家族の賛同が必要になりそうだ。

ただ、M3でも走りを最優先し、M4をパーソナルカーとして使うなら、快適感については高次元なコーナリング性能の代償として納得して余りある。

ところで、M3とM4は同じ場面で乗り比べれば違いが分かる。

M4は車高が低く重心も下がるので、特にコーナーが連続する場面でステアリングを切り返す際のダイレクト感はM3よりも勝る。

見方を変えれば、乗り比べなければM3でも十二分に刺激的な走りが楽しめるという事でもある。

エンジン

S55B30A

高回転型の自然吸気ユニットを搭載してきたM3だが、現行モデルからツインターボ化された3リットル直列6気筒エンジンを採用。

最高出力431ps、最大トルク550Nmを発揮。

オプションのコンペティション・パッケージを選択すると最高出力は450psにまで高められる。

タイヤ

装着タイヤはフロントが225/40RZ18、リアが275/40ZR18サイズが標準仕様。

オプション設定のコンペティション・パッケージを装着した場合、フロントとリアのタイヤはそれぞれ265/30ZR20と285/30ZR20までサイズアップされ、標準のツイン5スポークからクロスしたスタースポーク・デザインへと変更された。

レーシングマシンさながらの加速性能

先代モデルのM3クーペに与えられていたカーボンファイバー製のルーフは、現行型からはM3とM4の両モデルに標準設定。

45mm車高が低いM4の方が重心面でアドバンテージが得られる。

0→100km/h加速は、M3/M4ともに4.1秒で、コンペティション・パッケージを装着することで4秒フラットに短縮された。

レイアウト

M3とM4のインパネ形状は同じ。

最上段に独立して設定されるワイド・ディスプレイやシフトレバー横にiDriveの操作用コマンダーを配置するなど、最新のBMW各社と共通したレイアウトを踏襲している。

シートはヘッドレスト一体型のMスポーツ・シートで、コンペティション・パッケージではバックレストの一部が肉抜きされた専用軽量タイプとなる。

【BMWの購入資金を作る方法】

もしあなたが車を持っているなら、車の一括査定サービスがおすすめです。

○車の買取査定を複数社に依頼することで、高い値段で買い取ってくれる会社が見つかり、買取価格が何十万円もアップします!

○査定額を比較すれば相場価格がわかるため、ディーラーに売る時も(買い叩かれることなく)交渉を有利に進められます。

BMW購入のための資金、準備してみませんか?

たった1分!
愛車の下取り最高額を調べる(無料)

さいごに、ちょっと得する情報

BMW

「資金作りのために、今乗っている車をできるだけ高く売りたい」
「BMWに買い換えたとき、今乗っている車の売却交渉を優位に進めるために、相場を知っておきたい」
という方のために、

かんたん車査定ガイド なら、たった1分で下取り価格の最高額と相場がわかります。(しかも無料!)

※無料査定だけでもOK。実際に売るか売らないかは自由です。

 

TOPに戻る ⇒ BMW値引きの極意

-BMW値引き

テキストのコピーはできません。

Copyright© 【BMW値引き王】100万円安くなる交渉術とは?|最安値で購入・値引き額の相場・新車価格 , 2018 AllRights Reserved.