【BMW X5M/X6M】グレード別諸元・値引き額・最安値はいくら?

更新日:

新型 BMW X5M X6M グレード別情報・値引き額・最安値

BMW X5M/X6M

新型 BMW X5M X6M グレード別情報・値引き額・最安値

SUVカテゴリーに、絶対性能至上主義を持ち込んだ真性のMモデル。

Mモデルとは、BMWのラインナップの中で特別なスポーツモデルに与えられる称号で、開発を受け持つBMW M社の手によるクルマ。

両モデルはBMWきっての戦闘マシン、MモデルのSAV/SACバージョン。

搭載するのは、現行Mで最強スペックを誇る4.4リットルのV8ツインターボでミッションはM系で唯一の8速ATだ。

内装や乗り心地が良く、とにかく走りが素晴らしいと評判です○

基本情報・主要諸元・サイズ

グレード名 X5 M X6 M



新車価格 1645万円 1672万円
発売日 2017年4月1日 2017年4月1日
型式 ABA-KT44 ABA-KT44
駆動方式 4WD 4WD
トランス
ミッション
8AT 8AT
ハンドル
動力分類 エンジン エンジン
寸法
重量
定員
全長 4,895 mm 4,925 mm
全幅 1,985 mm 1,990 mm
全高 1,755 mm 1,690 mm
前輪サイズ 285/40R20 285/40R20
後輪サイズ 325/35R20 325/35R20
最小
回転半径
6 m 6 m
車両重量 2,360 kg 2,330 kg
定員 5 人 5 人



排気量 4,394 cc 4,394 cc
最高出力 423[575]/6000 423[575]/6000
最高トルク 750[76.5]/2200 750[76.5]/2200
過給機 ターボチャージャー ターボチャージャー
燃料 ハイオク ハイオク
燃料タンク 85 L 85 L

JC08モード 9.0km/L 9.0km/L

新車価格表(グレード別)

グレード 価格(万円)
X5 M 1645万円
X6 M 1672万円

購入見積もり/維持費

項目 金額
車両本体価格 16,450,000円
自動車取得税 137,700円
自動車税(年額) 51,000円
自動車重量税 22,500円
自賠責保険料(37ヶ月) 40,040円
登録・諸費用 約70,000円
合計 約16,771,240円

値引き額・最安値の相場(新型/新車)

グレード 値引き額 最低額
X5 M 18~35万円 1610万円
X6 M 20~40万円 1632万円

新車では値引き額のアップには限界があります。

車の買い替えであれば、車の下取りを複数社に依頼することで、買い取り価格を数十万円もアップすることができるため、トータルの値引き額を大きくすることができます。

また、近場で売ると決めている場合でも、愛車の買取価格の相場を知ることで、買い取り交渉を有利に進めることができます。

たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

 

評価/評判(BMW X5M/X6M)

新型 BMW X5M X6M グレード別情報・値引き額・最安値

特長

その愚直なまでのパフォーマンス指向から、デビュー当初は前世紀の遺物的な扱い設けていたX5とX6のMモデル。

しかし、ドイツ勢にとどまらずジャガーやマセラティまでもが高性能かつスタイリッシュなSUVを投入するに及んで両モデルの先見性、いや、BMWの市場に対する彗眼ぶりが証明されたことは「エコこそ正義」を建前とする今の時代において皮肉な話といえなくもない。

とはいえ、あれこれと小難しいことを考えずに純粋なクルマの愉しさを評価基準に据えるなら、この2台は確かに魅力的でもある。

好みの問題はあれど、自らが持つ能力を誇示するかのように張り出した前後フェンダーは、多くのクルマ好きの琴線を揺さぶるに違いない佇まいを実現。

その足下を引き締めるのはロープロファイルを地で行く20インチタイヤで、大地に踏ん張るかのような安定感はSUV、もといSAV(SAC)離れしている。

そんな”大艦巨砲主義”的外皮に包まれたハードウェアも筋金入りな戦闘指向のたまものだ。

搭載するのは現行Mモデルで最強といえる4.4リットルのV8ツインターボで、パワー&トルクは575ps&750Nm。

それにDCTもかくやとうい切れ味のセッティングが施された8速ATを組み合わせるとなれば、、ドライブフィールは剣呑以外の何者でもない。

Mモデルであると同時にX5やX6の旗艦、という役割も担うだけに誤解のなきようにお断りしておけば、両車とも決してラフなクルマではない。

好みのパラメーターを設定できる、走行モード切り替えをコンフォート寄りにしておけば乗り心地はおおむねフラット。

平滑りな路面から自重2.3トン台という体躰に相応しい重厚感もある。

また、2000rpm台から前述のトルクが溢れるV8は街中を這いずり回るような走り方も苦にしない。

だが、それこそがMという血筋のなせる業なのか、周囲に合わせて走らせるという行為はいつしか乗り手にとって苦痛になってくる。

なぜならアクセルを遠慮なく踏み込んだ際の怒涛の迫力、あるいは高度なトルクベクタリングまで駆使した問答無用のハンドリングを一度でも体感してしまうと、それを日常的に味わいたいという欲求に抗えなくなってくるからだ。

しかしジワジワと外堀を埋めてきたあげく、最後には乗り手を狂気に導く仕立てはMというより背の高い巨体をあり得ないスピード走らせる両モデル固有のキャラクターといえるかもしれない。

その意味で、両車は真性のMモデルであると同時に従来とは別のベクトルも併せ持った異色の存在と評することができるだろう。

X5M

X6Mと比較すれば常識的な浮乗が残るものの、ベース車に対する佇まいは格段に好戦的。

スポーティにして上質なインテリアは、X6Mと同等の装備レベル。

トリムはアルミやウッド、カーボンから選択可能。

メリノ・レザー表皮が標準となるシートは、フロントにハイパック形状のセミバケットデザインを選ぶことができる。

X6M

X6のトップモデルということで、インテリアはスポーティなだけでなく、エクスクルーシブな仕立て。

シート表皮はメリノ・レザーがスタンダードでトリムはカーボンやオークウッドなどから選択できる。

ルーフが低くなる分、後席の頭上はX5よりタイトになるが、着座位置を低くしているので大人の使用にも耐える広さは確保されている。

X5M と X6M の荷室容量の違い

大柄なボディだけに、ユーティリティそのものはベース車と変わらない。

荷室容量は通常時で、X5Mが650リットル、X6Mは580リットルとなる。

いずれも後席を完全に畳めば、X5Mが1870リットル、X6Mは1525リットルにまで拡大。

実際の使い勝手は、もちろん開口部が大きいX5Mが一枚上手だ。

エンジン

S63B44B

サーキット走行も視野に入れたという4.4リットルのV8ツインターボは、Vバンク内にタービンを配置。

それだけにクーリングは入念で、冷却システムには10個のラジエターを備えた4個の冷却回路、5個のウォーターポンプ、大型インタークーラーなどを駆使する。

アッパーミドルクラスでは、クーペ風SUVの先駆けにもなったX6がベースなだけに、ライバルが多数現れた現在でもX6Mのスタイリングは新鮮味を失っていない。

Mモデル専用のブレーキと組み合わせるタイヤはフロント285/40、リア325/35の20インチ。

【BMWの購入資金を作る方法】

もしあなたが車を持っているなら、車の一括査定サービスがおすすめです。

○車の買取査定を複数社に依頼することで、高い値段で買い取ってくれる会社が見つかり、買取価格が何十万円もアップします!

○査定額を比較すれば相場価格がわかるため、ディーラーに売る時も(買い叩かれることなく)交渉を有利に進められます。

BMW購入のための資金、準備してみませんか?

たった1分!
愛車の下取り最高額を調べる(無料)

 

さいごに、ちょっと得する情報

BMW

「資金作りのために、今乗っている車をできるだけ高く売りたい」
「BMWに買い換えたとき、今乗っている車の売却交渉を優位に進めるために、相場を知っておきたい」
という方のために、

かんたん車査定ガイド なら、たった1分で下取り価格の最高額と相場がわかります。(しかも無料!)

※無料査定だけでもOK。実際に売るか売らないかは自由です。

 

TOPに戻る ⇒ BMW値引きの極意

-BMW値引き

テキストのコピーはできません。

Copyright© 【BMW値引き王】100万円安くなる交渉術とは?|最安値で購入・値引き額の相場・新車価格 , 2018 AllRights Reserved.