【BMW 3シリーズ】グレード別諸元・値引き額・最安値はいくら?

更新日:

新型 BMW 3シリーズ グレード別情報・値引き額・最安値

BMW 3シリーズ

新型 BMW 3シリーズ セダン

BMWの保守本流を支え続けるプレミアムスポーティの定番モデル。

押しも押されもいないBMWの主力にして、ミドルクラスのセダン/ワゴンのベンチマーク。

2016年末には新しいベーシックモデルの318iも登場、そのラインアップは一層強力なものになった。

運転の楽しさは文句なしです〇

基本情報・主要諸元・サイズ

BMW 318i/320d/320i

グレード名 318i 320d 320i



新車価格 446万円 532万円 532万円
発売日 2017年4月1日 2017年4月1日 2017年4月1日
型式 DBA-8E15 LDA-8C20 DBA-8A20
駆動方式 FR FR FR
トランス
ミッション
8AT 8AT 8AT
ハンドル
動力分類 エンジン エンジン エンジン
寸法
重量
定員
全長 4,645 mm 4,645 mm 4,645 mm
全幅 1,800 mm 1,800 mm 1,800 mm
全高 1,440 mm 1,440 mm 1,440 mm
前輪サイズ 205/60R16 205/60R16 225/50R17
後輪サイズ 205/60R16 205/60R16 225/50R17
最小
回転半径
5.4 m 5.4 m 5.4 m
車両重量 1,550 kg 1,570 kg 1,580 kg
定員 5 人 5 人 5 人



排気量 1,498 cc 1,995 cc 1,998 cc
最高出力 100[136]/4400 140[190]/4000 135[184]/5000
最高トルク 220[22.4]/1250 400[40.8]/1750 270[27.5]/1350
過給機 ターボチャージャー ターボチャージャー ターボチャージャー
燃料 ハイオク ディーゼル ハイオク
燃料タンク 60 L 57 L 60 L

JC08モード 17.2 km/L 21.4 km/L 16.0 km/L

BMW 320i xDrive/340i/318i ツーリング

グレード名 320i xDrive 340i 318i ツーリング



新車価格 563万円 813万円 468万円
発売日 2017年4月1日 2017年4月1日 2017年4月1日
型式 DBA-8A20 DBA-8B30 DBA-8E15
駆動方式 4WD FR FR
トランス
ミッション
8AT 8AT 8AT
ハンドル
動力分類 エンジン エンジン エンジン
寸法
重量
定員
全長 4,645 mm 4,645 mm 4,645 mm
全幅 1,800 mm 1,800 mm 1,800 mm
全高 1,445 mm 1,440 mm 1,460 mm
前輪サイズ 225/50R17 225/45R18 205/60R16
後輪サイズ 225/50R17 225/45R18 205/60R16
最小
回転半径
5.6 m 5.4 m 5.4 m
車両重量 1,660 kg 1,660 kg 1,620 kg
定員 5 人 5 人 5 人



排気量 1,998 cc 2,997 cc 1,498 cc
最高出力 135[184]/5000 240[326]/5500 100[136]/4400
最高トルク 270[27.5]/1350 450[45.9]/1380 220[22.4]/1250
過給機 ターボチャージャー ターボチャージャー ターボチャージャー
燃料 ハイオク ハイオク ハイオク
燃料タンク 60 L 60 L 60 L

JC08モード 14.9 km/L 13.5 km/L 17.0 km/L

BMW 320d ツーリング/320i xDrive ツーリング/330i ツーリング/340i ツーリング

グレード名 320d ツーリング 320i xDrive ツーリング 330i ツーリング 340i ツーリング



新車価格 554万円 585万円 653万円 835万円
発売日 2017年4月1日 2017年4月1日 2017年4月1日 2017年4月1日
型式 LDA-8C20 DBA-8A20 DBA-8A20 DBA-8B30
駆動方式 FR 4WD FR FR
トランス
ミッション
8AT 8AT 8AT 8AT
ハンドル
動力分類 エンジン エンジン エンジン エンジン
寸法
重量
定員
全長 4,645 mm 4,645 mm 4,645 mm 4,645 mm
全幅 1,800 mm 1,800 mm 1,800 mm 1,800 mm
全高 1,460 mm 1,465 mm 1,460 mm 1,460 mm
前輪サイズ 205/60R16 225/50R17 225/45R18 225/45R18
後輪サイズ 205/60R16 225/50R17 255/40R18 225/45R18
最小
回転半径
5.4 m 5.6 m 5.4 m 5.4 m
車両重量 1,650 kg 1,740 kg 1,680 kg 1,730 kg
定員 5 人 5 人 5 人 5 人



排気量 1,995 cc 1,998 cc 1,998 cc 2,997 cc
最高出力 140[190]/4000 135[184]/5000 185[252]/5200 240[326]/5500
最高トルク 400[40.8]/1750 270[27.5]/1350 350[35.7]/1450 450[45.9]/1380
過給機 ターボチャージャー ターボチャージャー ターボチャージャー ターボチャージャー
燃料 ディーゼル ハイオク ハイオク ハイオク
燃料タンク 57 L 60 L 60 L 60 L

JC08モード 21.4 km/L 14.9 km/L 15.4 km/L 13.5 km/L

新車価格表(グレード別)

グレード 価格(万円)
318i 446万円
320d 532万円
320i 532万円
320i xDrive 563万円
340i 813万円
318i ツーリング 468万円
320d ツーリング 554万円
320i xDrive ツーリング 585万円
330i ツーリング 653万円
340i ツーリング 835万円

購入見積もり/維持費

項目 金額
車両本体価格 5,630,000円
自動車取得税 0円
自動車税(年額) 39,500円
自動車重量税 0円
自賠責保険料(37ヶ月) 40,040円
登録・諸費用 約70,000円
合計 約5,779,540円

値引き額・最安値の相場(新型/新車)

グレード 価格(万円)
318i 446万円
320d 532万円
320i 532万円
320i xDrive 563万円
340i 813万円
318i ツーリング 468万円
320d ツーリング 554万円
320i xDrive ツーリング 585万円
330i ツーリング 653万円
340i ツーリング 835万円

値引き額・最安値の相場(新型/新車)

グレード 値引き額 最安値
318i 17~35万円 446万円
320d 17~35万円 532万円
320i 17~35万円 532万円
320i xDrive 17~35万円 563万円
340i 17~35万円 813万円
318i ツーリング 17~35万円 468万円
320d ツーリング 17~35万円 554万円
320i xDrive ツーリング 17~35万円 585万円
330i ツーリング 17~35万円 653万円
340i ツーリング 17~35万円 835万円

新車では値引き額のアップには限界があります。

車の買い替えであれば、車の下取りを複数社に依頼することで、買い取り価格を数十万円もアップすることができるため、トータルの値引き額を大きくすることができます。

また、近場で売ると決めている場合でも、愛車の買取価格の相場を知ることで、買い取り交渉を有利に進めることができます。

たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

 

評価/評判(BMW 3シリーズ)

BMW 3シリーズ(グランツーリスモ)

特長

ミドルクラスのセダンとして、3シリーズは各国のメーカーがベンチマークにしている。

合理的なパッケージングにより、ボディサイズの拡大に頼ることなく大柄な男性が4名乗車をしても満足できる室内スペースと広い荷物スペースを確保。

駆動方式のベースにFRを採用。

前後重量配分の最適化にこだわることで、正確な操縦性と優れた安全性を実現し、走りの上質感も得ているからだ。

しかも直噴ターボ、モーターを組み合わせたプラグイン・ハイブリッド、ディーゼルターボという3タイプの環境性能を重視したユニットを備えることも競合車にはない特長だ。

なおかつ、直噴ターボとディーゼルターボは、1気筒あたりを500ccとしシリンダーヘッド回りもモジュラー化した新世代エンジンに一新。

1.5リットルの直列3気筒直噴ターボエンジン追加され318iが搭載する。

3シリーズに1.5リットルでは頼りないように思えるが、実はこのエンジンはモジュラー化により直列6気筒と各コンポーネンツを共用。

従来世代ユニットでは、多気筒になるほど高機能なコンポーネンツを採用していたことを考えれば、ゼイタクなエンジンといえる。

実際に最大トルクは220Nmに達し、かつての320iが搭載してきた自然吸気式の2リットル直列4気筒エンジンが得ていた206Nmを超えるだけではなく、その発生回転数は2900rpmも低い。

つまり、日常的な場面での力強さは318iのほうが格段に勝るのだ。

体感的にもその通りであり、意識してアクセルを踏み込むまでもなく優位の流れに先行するくらいの加速がこなせる。

2リットルの直列4気筒直噴ターボを積む現行型の320iと比べて、8速ATが少しだけ高めの回転数でシフトアップされることが違うくらいで、力強さには大きな差を感じない。

3気筒だからといって振動や騒音が増すこともなく、あえて4気筒との違いを指摘すれば高回転域で乾いたエンジン音を発するだけだ。

振動や騒音という点では、320dが積む2リットルの直列4気筒ディーゼルターボも新世代ユニットに変更されたことで改善された。

従来世代も騒がしいわけではなかったが、ガソリンと比べるとエンジン音が異なることは確か。

その違いがほとんど気にならなくなっただけに、ディーゼルならではの力強さや経済性が魅力として一段と際立ってくる。

また、2リットルの直列4気筒直噴ターボエンジンにモーターを組み合わせたユニットを積むプラグインハイブリッドの330e iパフォーマンスは、システム出力として252psを発揮するのでパワフルな加速が楽しめる。

バッテリーは外部電源による充電が可能なため、満充電なら市街地で30km近くガソリンを消費することなしにモーターだけでも走行できる。

保管場所に充電設備がなくても、エンジンによる発電を活用すればバッテリー容量が大きいので、高機能ハイブリッド車的な走りがこなせる点にも注目したい。

そんなセダンの破城にユーティリティーも求めるなら、3シリーズにはツーリングという選択肢もある。

現行型は、スタイリッシュな外観は維持しつつもクラス最大レベルの荷室容量を確保するだけに、プレミアムな本格ワゴンが欲しいというニーズにもぴったりだ。

プラグインハイブリッドの設定はないが、その代わり同等の出力を持つハイスペック版の2リットル直列4気筒直噴ターボを搭載した330iが残されていることもスポーツ派には要注目ポイントといえるかもしれない。

エンジン

B38B15A

BMWでは2シリーズ・アクティブツアラーが初搭載となった1.5リットルの3気筒直噴ターボは、自然吸気2リットルに匹敵する最大トルクを発生。

3シリーズにも扶桑K内動力性能をもたらす。

B48B20A

前回のLCI(マイナーチェンジ)で3シリーズに初搭載された2リットル4気筒の直噴ターボ。

高効率な8速ATとの組み合わせで、スポーティな走りにも十分な動力性能を発揮する。

B47D20A

いまや3シリーズの主力ユニットとなっている2リットル4気筒のディーゼルターボ。

1シリーズなどに搭載される仕様と比較すると、パワーやトルクはよりハイスペックになっている。

B48B20A+P251

2リットル4気筒に単体で88ps&250Nmを発揮する電気モーターをドッキング。

システムトータルで252ps&420Nmのパワー&トルクを誇る。

プラグイン・ハイブリッドの330eに搭載。

B48B20B

330eの投入によってセダン用の短命に終わったが、ツーリングでは現役となるハイスペック版の2リットル直列4気筒直噴ターボ。

330iツーリングに搭載、最高出力は330eと肩を並べる。

B58B30A

新世代モジュラーユニットの中では上級機おなる3リットル直列6気筒直噴ターボ。

搭載グレードはBMWだとV8モデルを彷彿とさせる340iだが、そのパフォーマンスは名前負けしていない。

330e Mスポーツ

アクティブハイブリッド3の後を受けて登場したプラグインハイブリッドの330e。

サブブランド、「BMW i」の技術投入を受けて、「iパフォーマンス」のサブネームを持つ。

外部充電ソケットはフロントフェンダー左側を用意。

318i ラグジュアリー

往年のモデルに使われていた「318i」の名称が復活。

3シリーズのラインナップは従来にも増して強固になった。

グレードは標準仕様のほかにMスポーツと2つのデザインラインを用意する。

340i ツーリング ラグジュアリー

かつてのツーリングボディはスタイリング重視の傾向が強かったが、原告型はユーティリティもトップレぺる。

荷室容量は通常時でも495リットルとセダンを上回り、後席を完全に畳めば最大で1500リットルにまで拡大する。

リアゲートはウインド一部分のみの開閉も可能だ。

インテリア

Mスポーツのインテリアは走りを意識したスポーティな装い。

シート部はヘキサゴン・クロスとアルカンタラのコンビネーション。

トリムはアルミニウム・ヘキサゴンが標準だが、アンソラジット・ウッドも選択できる。

荷室容量

標準的な仕様の荷室容量は480リットルで、同クラスのライバルに対して勝るとも劣らない広さだ。

ただし、プラグイン・ハイブリッドの330eはバッテリーを搭載する関係で床面が上がり、容量は370リットルに減少する。

シートはダコタ・レザーでトリムはパールウォールナットという組み合わせだが、名前の通りインテリアは質のよアを感じさせるテイストになる。

このサイズのFFセダン/ワゴンとしては十分な室内空間を確保。

【BMWの購入資金を作る方法】

もしあなたが車を持っているなら、車の一括査定サービスがおすすめです。

○車の買取査定を複数社に依頼することで、高い値段で買い取ってくれる会社が見つかり、買取価格が何十万円もアップします!

○査定額を比較すれば相場価格がわかるため、ディーラーに売る時も(買い叩かれることなく)交渉を有利に進められます。

BMW購入のための資金、準備してみませんか?

たった1分!
愛車の下取り最高額を調べる(無料)

 

さいごに、ちょっと得する情報

新型 BMW 3シリーズ

「資金作りのために、今乗っている車をできるだけ高く売りたい」
「BMWに買い換えたとき、今乗っている車の売却交渉を優位に進めるために、相場を知っておきたい」
という方のために、

かんたん車査定ガイド なら、たった1分で下取り価格の最高額と相場がわかります。(しかも無料!)

※無料査定だけでもOK。実際に売るか売らないかは自由です。

 

TOPに戻る ⇒ BMW値引きの極意

-BMW値引き

テキストのコピーはできません。

Copyright© 【BMW値引き王】100万円安くなる交渉術とは?|最安値で購入・値引き額の相場・新車価格 , 2018 AllRights Reserved.